トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
PacketiX VPN 3.0 マニュアル 第4章 PacketiX VPN Client 3.0 マニュアル 4.8 実効スループットの測定

 

< 4.7 大規模環境での管理4.9 その他の機能>

4.8 実効スループットの測定

「通信スループット測定ツール」を使用すると、任意の 2 台のコンピュータ間での通信速度を、実際に大量の通信を行うことによって正確に測定することができます。この通信スループット測定ツールによって、物理的なネットワーク上の通信速度や 、VPN を経由した通信速度を測定することができます。ここでは、通信スループット測定ツールの使用方法について解説します。

 

4.8.1 通信スループット測定ツールの使用方法

「通信スループット測定ツール」には、「GUI 版」と「コマンドライン版」の 2 種類があります。GUI 版は Windows のみで使用することができます。コマンドライン版は、Windows、Linux およびその他の種類の UNIX オペレーティングシステムで使用することができます。通信スループット測定ツールのGUI 版とコマンドライン版には、プロトコル上の互換性があるため、相互に接続して通信スループットを測定することができます。

なお、ここでは GUI 版の通信スループット測定ツールに関する解説を行います。コマンドライン版の通信スループット測定ツールに関する詳細については、「第6章 コマンドライン管理ユーティリティマニュアル」 を参照してください。

通信スループット測定ツール (GUI 版) の起動方法

通信スループット測定ツールの GUI 版を起動するには、下記のいずれかの方法を実行してください。

  • PacketiX VPN Server がインストールされている場合
    [スタート] メニュー内の [PacketiX VPN Server] から、[通信スループット測定ツール] をクリックして起動します。
  • PacketiX VPN Client がインストールされている場合
    [スタート] メニュー内の [PacketiX VPN Client] から、[通信スループット測定ツール] をクリックして起動します。
    または、VPN クライアント接続マネージャの [ツール] メニューから [通信スループット測定ツール] をクリックして起動します。

通信スループット測定ツール (コマンドライン版) の起動方法

通信スループット測定ツールの「コマンドライン版」を起動するには、「PacketiX VPN コマンドライン管理ユーティリティ (vpncmd)」を起動して、[3. VPN Tools コマンドの使用 (証明書作成や通信速度測定)] を選択します。次に、「TrafficClient」コマンドまたは「TrafficServer」コマンドを付けて起動します。

 

4.8.2 通信スループット測定ツールの設定

「通信スループット測定ツール」は、「測定サーバー」と「測定クライアント」の 2 種類のモードのいずれかで動作します。2 台のコンピュータ間で通信スループットを測定するためには、片方のコンピュータを「測定サーバー」、もう片方のコンピュータを「測定クライアント」として実行する必要があります。

[通信スループット測定ツール] 画面で、[測定サーバー] または [測定クライアント] のいずれかを選択してから、下記で指示されているような必要項目を入力して [実行] ボタンをクリックしてください。

図4-8-1 通信スループット測定ツール画面

測定サーバーモード

「測定サーバー」モードで、通信スループット測定ツールを動作させると、そのコンピュータの指定された TCP/IP ポートが開かれ、測定クライアントからの接続を待機します。測定サーバーモードが開始されると、ユーザーが明示的に停止するまで動作を続けます。測定サーバーモードでは、 「使用するポート番号」(デフォルトでは 9821 番ポート) のみが必要な入力項目です。

測定クライアントモード

「測定クライアント」モードは、測定サーバーに対して接続し、最大限の通信パケットを送受信することによって、2 台の間のネットワークのスループットを測定し、その結果を表示するモードです。測定クライアントモードでは、下記の項目を入力します。

  • 接続先の測定サーバーのホスト名または IP アドレスと TCP/IP ポート番号
    接続先の「測定サーバーモード」で動作しているコンピュータの「ホスト名」または「IP アドレス」および「TCP/IP ポート番号」を指定します。
  • データ通信の方向
    「ダウンロード」、「アップロード」または「双方向」を指定します。この場合の「ダウンロード」と「アップロード」は、それぞれ測定クライアント側から見たデータの流れる方向を示します。
  • 並列的に接続する TCP/IP コネクション本数
    通信スループットを測定するために、並列的に接続する「TCP/IP コネクションの合計本数」を指定します。「最大 32 本」まで指定できます。なお、「データ通信の方向」を「双方向」に指定している場合は、TCP/IP コネクション本数には「偶数値」を指定する必要があります。
  • データ伝送時間 (計測時間)
    実際に通信を行いスループットを「測定する時間」です。通信スループットは、伝送することができたデータサイズを、データ伝送時間で割って算出します。
  • Ethernet と仮定してレイヤ 2 でのスループットを算出するかどうかの設定
    この設定が有効な場合は、測定用通信が流れるネットワークのメディアの種類が通常の「Ethernet」であると仮定して、その Ethernet 上を物理的に流れたパケットの「バイト数」や「スループット」を表示します。
  • 中継機器能力測定モード
    この設定が有効な場合は、計測した結果のスループットを 2 倍にして表示します。このオプションは、途中にネットワーク装置などがあり、そのネットワーク装置が入出力した合計のスループット能力を測定する場合に使用します。

測定結果の表示

通信スループット測定ツールによる測定結果は、下記のような画面で表示されます。

図4-8-2 通信スループット測定ツールの結果画面

 

4.8.3 通信スループット測定上の注意

「通信スループット測定ツール」を使用する際は、次のような注意事項に留意してください。

  • 通信スループット測定ツールは、実際に稼動している物理的なネットワーク、または VPN 上に通信パケットを流すことによって、その回線の最大速度を測定します。測定中にそのネットワーク上で別の通信が行われている場合は、その通信による影響を受けるため、通信スループット測定ツールの結果が 、実際の回線能力よりも低く表示される場合があります。
  • 企業ネットワークなどの組織で使用されているネットワーク上で通信スループット測定ツールを使用する場合は、事前にネットワーク管理者の許可を得てください。このツールは大量の通信を行うことができるツールであるため、そのネットワークの通常の通信業務に影響を与える恐れがあります。
  • 本ツールを使用した結果、表示されるスループットの値が、想定される数値よりも低い場合は、並列的に接続する TCP/IP コネクション本数を増やすとスループットが向上する場合があります。
  • 本ツールがダウンロード方向のスループットを測定する場合は、クライアント側が、実際にサーバーから受信したデータのサイズを、計測結果として表示します。アップロード方向のスループットを測定する場合は、サーバー側が 、実際にクライアントから受信したデータのサイズを、サーバから報告を受け、そのデータサイズを計測結果として表示します。測定および制御の通信プロトコルには TCP/IP が使用されます。
  • 本ツールを実行した結果は、実際のネットワークのキャパシティよりも低くなる可能性はありますが、高くなる可能性は通常はありません。

 

 

< 4.7 大規模環境での管理4.9 その他の機能>

PacketiX VPN 3.0 オンラインマニュアル バージョン 3.00 (再構築中のバージョン、暫定版)
Copyright © 2004-2011 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 www2.softether.jp | サポート情報 | 使用条件