トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 報道発表資料一覧 「PacketiX VPN 2.0 Option Pack」をパートナー企業と協力して 8 月 7 日 (月) より提供開始Select Language:

 

2006 年 8 月 2 日 (水)

ソフトイーサ株式会社 (茨城県つくば市)
代表取締役 会長 登 大遊


VoIP / QoS 対応機能や syslog 送信機能など、
新たに開発・追加された最新機能が利用可能に

「PacketiX VPN 2.0 Option Pack」をパートナー企業と協力して
8 月 7 日 (月) より提供開始


 

 筑波大学発ベンチャー企業である ソフトイーサ株式会社 (代表取締役会長 登 大遊 / 本店所在地 茨城県つくば市) は、VPN 構築ソフトウェア「PacketiX VPN 2.0」に対して、新たな機能を付加するサービスパックである「PacketiX VPN 2.0 Option Pack」(オプションパック) を、パートナーと提携し、2006 年 8 月 7 日 (月) にリリースいたします。

 PacketiX VPN 2.0 Option Pack は、PacketiX VPN 2.0 ソフトウェアシリーズにおける、初めての新機能追加用アップデートとなります。

 なお、PacketiX VPN 2.0 シリーズにおいて、今後、以下に挙げられていない新たな新機能が開発された場合は、本 Option Pack のライセンスをお持ちのユーザーは、自動的にその新機能を利用できる権利を得ます (性質上、Option Pack に含めるべきではない機能についてはこの限りではありません)。

 当社は、「Option Pack」の導入により、PacketiX VPN 2.0 をお使いのユーザーが、今後 PacketiX VPN 2.0 に対応した新機能が開発された場合に、常にその最新機能を利用できるようにする環境を整備いたします。

PacketiX VPN 2.0 Option Pack の概要

 PacketiX VPN 2.0 Option Pack は、PacketiX VPN 2.0 のソフトウェア (VPN Client 2.0 / VPN Server 2.0 / VPN Bridge 2.0) に対して新機能を追加するアップデートです。

 PacketiX VPN 2.0 Option Pack の導入により、2005 年 12 月の PacketiX VPN 2.0 の最初のバージョン (ビルド 5080) の公開 / 発売以降に当社によって新たに開発された以下の新機能を利用することができるようになります。

  1. VoIP / QoS 対応機能 (図 1)
    2006 年 7 月 31 日付けニュースリリース「世界初の TCP/IP 上レイヤ 2 VPN 用 VoIP / QoS 処理技術を開発」で発表いたしました、VoIP パケットなどの低遅延・低ジッタでの伝送が必要とされる通信パケットについて他パケットと比較して優先的に帯域確保・伝送する技術である「VoIP / QoS 対応機能」が利用できるようになります。

    この機能は、システム管理者やエンドユーザーが特に設定を行うことなく、Option Pack をインストールすることにより自動的に有効になります (セキュリティポリシーを設定することにより、明示的に無効にすることも可能です)。
     
  2. syslog 送信機能 (図 2)
    VPN Server 2.0 の VPN サーバー全体の管理ログ、または仮想 HUB ごとのセキュリティログおよびパケットログの内容を、標準的なログ配信プロトコルである「syslog プロトコル」によって、外部の syslog サーバー等に伝送することができるようになります。

    従来は VPN Server 2.0 の各種ログはファイルとしてディスク上に記録されましたが、syslog 送信機能を利用することによって、複数のシステムを管理しているシステム管理者が、ログの管理を集約することができ、管理コストの削減が可能になるとともに、syslog の受け側のソフトウェアにおいて、特定のログ内容が発生した場合にアラートを出すといった運用も可能となります。
     
  3. 多重ログイン数制限機能 (図 3)
    仮想 HUB に登録するユーザーまたはグループごとにセキュリティポリシーとして、「多重ログイン制限数」を設定することができるようになります。これにより、同一のユーザー名のユーザーが仮想 HUB に複数セッション接続しようとした場合、そのユーザー名による接続数が設定されている「多重ログイン制限数」以上である場合は、そのユーザー名による新たな接続が拒否されます。

    従来のバージョンの VPN Server 2.0 では、1 つユーザーオブジェクトを作成すると、そのユーザーを使用して複数本の VPN セッションを、複数台の VPN クライアントコンピュータから同時に確立することができました。しかし、たとえば社内ユーザーに対して 1 つずつ VPN 接続のためのアカウントを発行している場合において、同一人物が複数の場所から複数のコンピュータによって同時に VPN 接続を行うことができてしまい、管理上およびセキュリティ上の問題が発生することがありました。本機能により、VPN Server 2.0 のシステム管理者は、各ユーザーについて同時に接続することができる VPN セッション数を指定した本数 (通常は 1 本) に限定することが可能となります。

Option Pack の提供方法

 PacketiX VPN 2.0 Option Pack を利用するためのライセンスは、弊社認定の 1st パートナー / 販売パートナーを経由して、すでに PacketiX VPN Server 2.0 Standard Edition または Enterprise Edition の有効な製品ライセンスを所有しているユーザー全員 (ただし認定パートナーが提供する保守サービスに加入していることを条件とします) に対して、無償で提供されます。

 また、今後 PacketiX VPN Server 2.0 Standard Edition または Enterprise Edition の製品ライセンスを弊社認定パートナーを経由してご購入いただいたユーザーについては、同時に PacketiX VPN 2.0 Option Pack のライセンスを無償で入手することができます (ただし認定パートナーが提供する保守サービスに加入していることを条件とします)。

 なお、PacketiX VPN 2.0 Option Pack のプログラムファイルは、2006 年 8 月 7 日以降にダウンロード提供が開始されます。

 

※ PacketiX VPN 2.0 SOHO Edition および HOME Edition に対応する Option Pack の提供は、現時点では未定です。

各機能に関係するスクリーンショット

(図1 VoIP/QoS 対応機能を用いた VPN セッションの表示状態)

 

(図2 syslog 送信機能の設定画面)

 

(図3 多重ログイン数制限機能の設定画面)

 


本件に関するお問い合わせ先
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目8番地8 つくばシティアビル
ソフトイーサ株式会社 戦略推進室 広報担当 原 哲哉
電子メール : press-infosoftether.co.jp

 

Copyright © 2004-2018 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

SSL 暗号化通信中