トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 報道発表資料一覧 ソフトイーサの次世代 VPN システム、新名称決定についてSelect Language:

 

2005年11月17日(木)

ソフトイーサVPN株式会社 (東京都千代田区)
代表取締役 中村 満

ソフトイーサ株式会社 (茨城県つくば市)
代表取締役 社長 登 大遊


ソフトイーサの次世代 VPN システム、新名称決定について


 

 「ソフトイーサ株式会社」が開発し、「ソフトイーサVPN株式会社」が11月30日より商用版の提供を開始する予定である「次世代 VPN システム(旧仮称:VPN 2.0)」につきまして、新名称が決定いたしましたのでご報告いたします。

 

【新名称】

PacketiX VPN 2.0

(読み: パケティックス ブイピーエヌ 2.0)

 

【ロゴ】

ロゴデータはこちら

 

 ソフトイーサ株式会社より提案を続けるネットワーク系ソフトウェアを、今後シリーズとして1つのブランドに一本化したいという方針のもと、データの最小単位である「Packet」と、インターネット上の大規模な相互接続ポイントを意味する「IX(Internet-eXchange)」を組み合わせ、「通信量の増大に対応可能な信頼性のあるソフトウェア」の意味を込め、「PacketiX」を新たなブランド名として採用することにいたしました。

 この次世代 VPN システムは、「SoftEther 1.0」を開発した登 大遊(ソフトイーサ株式会社 代表取締役社長)が中心となって、64 ビット時代を見据えてゼロから開発したシステムです。

 レイヤ3スイッチを仮想化する技術を新たに搭載し、スマートカードによるセキュアなユーザー認証にも対応し、これまでのVPNシステムでは接続が困難であったネットワーク環境において、確実な仮想ネットワークを構築すると共に、安全かつ自由なVPN接続の普及を目指します。

 皆様におかれましては,今後とも「PacketiX」に末永い御支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 



本件に関するお問い合わせ先は下記までお願いいたします。

 

Copyright © 2004-2018 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

SSL 暗号化通信中