トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 広域イーサ ネクスト 使用方法ガイド フレッツ回線との接続配線図Select Language:

 

フレッツ回線との接続配線図

「広域イーサネクスト」を稼働させるパソコンをフレッツ回線に接続する方法は、以下の 5 種類があります。

実際に、現場で現在フレッツ回線の通信装置の先の配線方法や接続されている機材をご確認いただき、適した配線方法でパソコンを新たに接続してください。

 

1. ONU (回線終端装置) に直結できる場合

フレッツ回線の ONU (回線終端装置) が設置されているが、LAN ポートにはまだ何も接続されていない場合は、「広域イーサ ネクスト」のパソコンの LAN ポートのうち 1 個を直接 ONU に LAN ケーブルで接続してください。

 

2. ONU (回線終端装置) にすでにルータ等が接続されている場合

既存のブロードバンドルータ (PPPoE の通信を行い、1 個の IP アドレスを複数台の PC で共有するための装置) がフレッツ回線の ONU (回線終端装置) にすでに接続されている場合は、以下の方法で分岐して接続してください。

  1. 市販のスイッチング HUB (家電量販店などで購入できます) を用意してください。
  2. 既存のルータを一端 ONU から抜き、HUB に接続してください。
    また、HUB と ONU を接続してください。
  3. この状態で既存のルータがこれまでと同じように通信ができることを確認してください。
  4. 最後に、「広域イーサ ネクスト」のパソコンの LAN ポートのうち 1 個を、1 で設置した HUB に接続してください。

 

3. ひかり電話アダプタ 「ONU 分離タイプ」が接続されている場合

NTT 東日本・NTT 西日本の「ひかり電話」をご利用の場合で、「ひかり電話アダプタ」 (ホームゲートウェイ、HGW) が接続されている場合は、そのアダプタの下流に接続する必要があります。

ひかり電話アダプタが ONU (回線終端装置) と分離しているタイプの場合は、ひかり電話アダプタの LAN ポートのうち空きがあるポート 1 つに、「広域イーサ ネクスト」のパソコンの LAN ポートのうち 1 個を接続してください。(もし空きがすでにない場合は、市販の HUB などで分岐することができます。)

  • 「ひかり電話アダプタ」の設定で「IPv6 ブリッジ機能」または「IPv6 パススルー機能」が無効になっている場合は、通信できません。これらの機能を有効にしてください。
  • 「ひかり電話アダプタ」のセキュリティ設定で IPv6 のファイアウォール機能が有効になっている場合は、通信できません。インターネット側から LAN 側、および LAN 側からインターネット側への IPv6 パケットの通過を許可する設定にしてください。
  • 「ひかり電話アダプタ」の設定方法は、アダプタの型番によって異なります。NTT にお問い合わせいただくか、取扱説明書をご確認ください。

 

4. ひかり電話アダプタ 「ONU 一体タイプ」が接続されている場合

ひかり電話アダプタが ONU (回線終端装置) と一体のタイプの場合は、ひかり電話アダプタの LAN ポートのうち空きがあるポート 1 つに、「広域イーサ ネクスト」のパソコンの LAN ポートのうち 1 個を接続してください。(もし空きがすでにない場合は、市販の HUB などで分岐することができます。)

  • 「ひかり電話アダプタ」の設定で「IPv6 ブリッジ機能」または「IPv6 パススルー機能」が無効になっている場合は、通信できません。これらの機能を有効にしてください。
  • 「ひかり電話アダプタ」のセキュリティ設定で IPv6 のファイアウォール機能が有効になっている場合は、通信できません。インターネット側から LAN 側、および LAN 側からインターネット側への IPv6 パケットの通過を許可する設定にしてください。
  • 「ひかり電話アダプタ」の設定方法は、アダプタの型番によって異なります。NTT にお問い合わせいただくか、取扱説明書をご確認ください。

 

5. IPv6 対応ブロードバンドルータの下流に接続

上記の「2. ONU (回線終端装置) にすでにルータ等が接続されている場合」で説明した状況であって、かつ、ブロードバンドルータが「IPv6 ブリッジ機能」または「IPv6 パススルー機能」などと呼ばれる WAN 側と LAN 側で IPv6 通信を可能にするモードをサポートしている場合は、以下のように接続することもできます。

この場合は、当該ブロードバンドルータの設定画面を開き、「IPv6 ブリッジ機能」または「IPv6 パススルー機能」が有効になっていることを確認してから、下図のように、ブロードバンドルータの下流の LAN ポートに、「広域イーサ ネクスト」のパソコンの LAN ポートのうち 1 個を接続してください。

なお、うまく通信することができない場合は、「2. ONU (回線終端装置) にすでにルータ等が接続されている場合」の方法を使用してください。

  • IPv6 対応ルータの設定で「IPv6 ブリッジ機能」または「IPv6 パススルー機能」が無効になっている場合は、通信できません。これらの機能を有効にしてください。
  • IPv6 対応ルータのセキュリティ設定で IPv6 のファイアウォール機能が有効になっている場合は、通信できません。インターネット側から LAN 側、および LAN 側からインターネット側への IPv6 パケットの通過を許可する設定にしてください。
  • IPv6 対応ルータの設定方法は、アダプタの型番によって異なります。NTT にお問い合わせいただくか、取扱説明書をご確認ください。

 

Copyright © 2004-2018 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

SSL 暗号化通信中