トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 広域イーサ ネクスト 対応フレッツ回線一覧と必要な事前準備 NTT 西日本の場合: 事前準備Select Language:

 

NTT 西日本の場合: 事前準備

「広域イーサ ネクスト」ソフトウェアを使用して NTT 西日本エリアで VPN 通信を行うためには、VPN 通信を行おうとする各拠点ごとに、フレッツ回線で以下の事前準備が必要です。

 

NTT 西日本の場合: 事前準備

NTT 西日本の「フレッツ 光ネクスト」を使用する場合は、使用したいフレッツ回線上で、事前に以下の準備を行っていただく必要があります。

1. IPv6 IPoE 対応 ISP への申込み

NTT 西日本の回線では、NTT 東日本の回線と異なり、利用したいフレッツ回線上で、事前に IPv6 IPoE プロバイダーの申込みが必要です。IPv6 IPoE プロバイダー料金は、プロバイダーによって異なりますが、おおむね 1,000 円 ~ 2,000 円 / 月 程度です。

IPv6 IPoE 対応 ISP の申込みは、以下のサイトからオンラインで行うことができます。

 

なお、ソフトイーサが推奨する IPv6 IPoE 対応 ISP は以下のとおりです。

  • IIJmio FiberAccess/NF タイプ
    IIJmio の FiberAccess/NF タイプは、NTT 西日本のフレッツ 光ネクスト回線で利用可能な IPv6 対応の ISP です。オンラインで申込みしてから 1 時間程度で利用可能になります (ソフトイーサが検証した結果)。

 

2. 「フレッツ・v6 オプション」の申込み

NTT 西日本の回線では、IPv6 IPoE 対応 ISP への申込みとほぼ同時に、「フレッツ・v6 オプション」への申込みを手動で行う必要があります。

申込みはオンラインから簡単に行うことができます。ただし、Windows XP, Vista, 7, Mac OS X などの動作するパソコンが必要です。

 

 

 

Copyright © 2004-2018 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

SSL 暗号化通信中