トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 広域イーサ ネクスト 対応フレッツ回線一覧と必要な事前準備 NTT 東日本の場合: 事前準備Select Language:

 

NTT 東日本の場合: 事前準備

NTT 東日本のエリアの回線を使用する場合は、通常は事前準備は必要ありません (「広域イーサ ネクスト」のソフトウェアを起動すると、その画面内で必要な設定を行うことができます) が、うまく設定・通信ができない場合は、このページをご覧ください。

 

2013/03/19: B フレッツ上で広域イーサ ネクストをご利用中のお客様へのお知らせ NTT 東日本の B フレッツ内 IPv6 名前解決機能の廃止による影響のため、2013 年 10 月 1 日以降は B フレッツで広域イーサネクストをご利用いただけなくなります。恐れ入りますが、こちらのページをご確認いただき、フレッツ・光ネクストへの回線変更などのご対応をお願い申し上げます。

 

NTT 東日本の場合: 事前準備

NTT 東日本の「B フレッツ」および「フレッツ 光ネクスト」で「広域イーサ ネクスト」を使用する場合は、事前に準備は必要ありません。

ただし、初回に「広域イーサ ネクスト」を起動した場合に、以下のオプションサービスを有効にするように促すメッセージが表示される場合があります。この場合は、「広域イーサ ネクスト」のソフトウェア上で表示される画面の案内に従って、オプションサービスを有効にしてください。

これらのオプションサービスを有効にしてから通信が可能になるまで、30 分 ~ 1 時間程度かかる場合があります。画面をそのままにしてお待ちください。

  • NTT 東日本 B フレッツの場合 (2013 年 9 月 30 日まで)
    フレッツ・ドットネットサービスを有効にする必要があります。
    ただし、有効にする方法は画面内で自動的に説明が表示されますので、それに従ってください。
    万一、「広域イーサ ネクスト」の起動中の画面から有効にすることができない場合は、
    こちらの Web サイトを参考にして、別のパソコンを一時的に用いて手動で有効にしてください。
    (工事費は無料、月額料金は 315 円です)

  • NTT 東日本 フレッツ 光ネクストの場合
    フレッツ・v6 オプションサービスを有効にする必要があります。
    ただし、有効にする方法は画面内で自動的に説明が表示されますので、それに従ってください。
    万一、「広域イーサ ネクスト」の起動中の画面から有効にすることができない場合は、
    こちらの Web サイトを参考にして、別のパソコンを一時的に用いて手動で有効にしてください。
    (工事費、月額料金は無料です)

 

 

 

Copyright © 2004-2018 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

SSL 暗号化通信中