Top Page Products & Services Case Studies Partners Download Support News Releases About SoftEther Contact Us
PacketiX VPN 3.0 マニュアル 第11章 問題解決および補足事項 11.5 通信プロトコルに関する補足事項

 

< 11.4 セキュリティに関する補足事項11.6 互換性に関する補足事項>

11.5 通信プロトコルに関する補足事項

ここでは、PacketiX VPN を使用する上での、通信プロトコルに関する補足事項を解説します。

  • ソフトイーサ株式会社の Web サイト (http://www.softether.com/) には、このオンラインマニュアルよりも新しいサポート情報が掲載されている場合がありますので、問題解決が必要な場合はアクセスしてみてください。

 

このマニュアル中の記事は、現在作成中です。
大変恐れ入りますが、現在、ソフトイーサ株式会社では PacketiX VPN 3.0 オンラインマニュアルの一部を再構築する作業を行っております。この部分の記事は、現在再構築中です。近日中に http://www2.softether.jp/jp/vpn3/ より入手可能になる予定です。Web ページをチェックしていただき、しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
なお、PacketiX VPN 3.0 製品版をご購入済みのお客様は、オンラインマニュアルの再構築作業が完了した際に別途ご案内させていただきます。

 

11.5.1 使用可能な TCP/IP 以外のプロトコルについて

PacketiX VPN は、すべての Ethernet フレームを TCP/IP にカプセル化することにより VPN を実現するプロトコルです。したがって、PacketiX VPN で扱える Ethernet フレームに入るパケットであれば、TCP/IP プロトコル以外でも Ethernet 上で利用できるさまざまなプロトコルを使用することができます。たとえば、一部の家電製品やテレビ電話会議システムなどで使用されている、本来は LAN 上で使用することを前提としている TCP/IP を使用しない特殊なプロトコルなども、 PacketiX VPN 上で通信させることが可能です。

 

11.5.2 NetBEUI、IPX/SPX、AppleTalk などのプロトコルの使用について

PacketiX VPN によって構成される仮想のレイヤ 2 ネットワーク上では、NetBEUI、IPX/SPX、AppleTalk などの TCP/IP 以外のプロトコルも使用できます。

 

11.5.3 マルチキャストパケットを VPN 内に流せるかどうかについて

PacketiX VPN Server の仮想 HUB は、通常の物理的なレイヤ 2 スイッチング HUB と同等の Ethernet フレーム交換機能を有するため、通常のマルチキャスト IP パケットを VPN 上で流すことが可能です。

 

11.5.4 IP 電話プロトコルを使用できるかどうかについて

PacketiX VPN Server の仮想 HUB は、通常の物理的なレイヤ 2 スイッチング HUB と同等の Ethernet フレーム交換機能を有するため、Ethernet 上で使用することができる IP 電話用プロトコルは、そのまま使用することができます。ただし、PacketiX VPN を用いて遠隔地のコンピュータ同士を接続する場合のスループットや遅延などは、その両者の間の物理的な IP ネットワークのスループットや遅延に依存するため、IP 電話の機種やプロトコルによっては音声品質が低下したり、または使用できない場合もあります。

 

11.5.5 NetMeeting などのビデオ会議プロトコルを使用できるかについて

PacketiX VPN Server の仮想 HUB は、通常の物理的なレイヤ 2 スイッチング HUB と同等の Ethernet フレーム交換機能を有するため、Ethernet 上で使用することができる NetMeeting などのビデオ会議プロトコルはそのまま使用することができます。なお、ソフトイーサ株式会社では、NetMeeting のビデオチャット機能を VPN 経由で使用することができることを確認しています。その他の Ethernet 上で使用することができるビデオ会議プロトコルなどについても、VPN 上で使用できる可能性が高いと思われますが、PacketiX VPN を用いて遠隔地のコンピュータ同士を接続する場合は、スループットや遅延などはその両者の間の物理的な IP ネットワークのスループットや遅延に依存しますので、プロトコルや必要とされるネットワークの帯域幅、および伝送速度によっては音声品質が低下したり、または使用できない場合もあります。

 

11.5.6 既存の VPN トンネルの中で PacketiX VPN 通信を行うことができるかどうかについて

PacketiX VPN プロトコルは、「2.1 VPN 通信プロトコル」 で解説されているように通常の TCP/IP コネクション内をすべてのデータがストリームとして流れるため、PacketiX VPN プロトコルの各 IP パケットを、他の VPN トンネリングプロトコル (L2TP/IPSec、PPTP など) の中で流すことが可能です。また、その逆に PacketiX VPN セッションの内部に、他の VPN トンネリングプロトコル (L2TP/IPSec、PPTP など) のパケットを流すことも原則として可能です。

 

 

< 11.4 セキュリティに関する補足事項11.6 互換性に関する補足事項>

PacketiX VPN 3.0 オンラインマニュアル バージョン 3.00 (再構築中のバージョン、暫定版)
Copyright © 2004-2011 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 www2.softether.jp | サポート情報 | 使用条件