トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
PacketiX VPN 2.0 マニュアル 第7章 PacketiX VPN Server 2.0 の導入

 

< 6.6 VPN Tools コマンドリファレンス7.1 導入前の確認事項>

第7章 PacketiX VPN Server 2.0 の導入

この章では、実際に「PacketiX VPN Server 2.0」を、Windows および Linux ベースのサーバーコンピュータにインストールし、初期設定を行う方法について、具体的な作業手順を含めて解説します。PacketiX VPN Server 2.0 の機能についての詳細は 「第3章 PacketiX VPN Server 2.0 マニュアル」 を参照してください。

7.1 導入前の確認事項
 

7.1.1 動作環境の確認
 

7.1.2 ハードディスク容量
 

7.1.3 CPU 処理速度
 

7.1.4 競合する他のソフトウェア

7.2 Windows へのインストールと初期設定
 

7.2.1 インストールモードの選択
 

7.2.2 インストーラによるインストール作業
 

7.2.3 TCP/IP 通信設定の最適化について
 

7.2.4 インストール後の注意事項
 

7.2.5 VPN サーバー管理マネージャでの管理
 

7.2.6 vpncmd での管理
 

7.2.7 サービスの開始と停止
 

7.2.8 サービスの登録と削除
 

7.2.9 一般ユーザー権限で起動する場合の制限事項

7.3 Linux へのインストールと初期設定
 

7.3.1 推奨システム
 

7.3.2 インストールモードの選択
 

7.3.3 必要なソフトウェアおよびライブラリの確認
 

7.3.4 パッケージの解凍
 

7.3.5 実行可能ファイルの生成
 

7.3.6 VPN Server の配置
 

7.3.7 vpncmd の check コマンドによる動作チェック
 

7.3.8 スタートアップスクリプトへの登録
 

7.3.9 サービスの開始と停止
 

7.3.10 一般ユーザー権限で起動する場合の制限事項

7.4 初期設定
 

7.4.1 管理者パスワードの変更
 

7.4.2 ライセンスの登録
 

7.4.3 現在のライセンス状態および接続数の使用状況の確認
 

7.4.4 仮想 HUB の作成

7.5 その他の UNIX へのインストール

7.6 アンインストール
 

7.6.1 Windows でのアンインストール作業
 

7.6.2 Linux でのアンインストール作業

 

 

 

< 6.6 VPN Tools コマンドリファレンス7.1 導入前の確認事項>

PacketiX VPN 2.0 オンラインマニュアル (Web 版) バージョン 2.20.5280.01
Copyright © 2004-2007 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 www.softether.com | サポート情報 | 使用条件