トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
PacketiX VPN 2.0 マニュアル 第5章 PacketiX VPN Bridge 2.0 マニュアル

 

< 4.9 その他の機能5.1 動作環境>

第5章 PacketiX VPN Bridge 2.0 マニュアル

「PacketiX VPN Bridge」は、遠隔地で動作している PacketiX VPN Server の仮想 HUB に「カスケード接続」することができ、またその VPN 接続を PacketiX VPN Bridge を動作させているコンピュータの物理的な LAN カードとの間で「レイヤ 2 ブリッジ接続」することができるソフトウェアです。PacketiX VPN Bridge は、PacketiX VPN Server によって構成されている「VPN」(つまり PacketiX VPN Server 上で動作する「仮想 HUB」) に、遠隔地の拠点 LAN をブリッジ接続したい場合、その拠点の LAN に接続されたコンピュータに導入するのに最適なソフトウェアです。

この章では、PacketiX VPN Bridge の各機能およびそれらの使用方法について解説します。

なお、PacketiX VPN Client は無償のソフトウェア製品として「フリーウェア」と同様に提供され、使用にあたっては使用権許諾契約書の内容に同意される場合のみ無償ですべての機能をご使用になれます。

5.1 動作環境
 

5.1.1 Windows のサポート
 

5.1.2 Linux のサポート
 

5.1.3 FreeBSD のサポート
 

5.1.4 Solaris のサポート
 

5.1.5 Mac OS X のサポート
 

5.1.6 組み込み機器のサポート
 

5.1.7 制限事項

5.2 動作モード
 

5.2.1 サービスモード
 

5.2.2 ユーザーモード

5.3 VPN Server との相違点
 

5.3.1 VPN Bridge の特徴と使用方法
 

5.3.2 VPN Bridge における仮想 HUB
 

5.3.3 VPN Bridge におけるカスケード接続機能
 

5.3.4 VPN Bridge における接続の受け付け
 

5.3.5 VPN Bridge におけるローカルブリッジ機能
 

5.3.6 VPN Bridge における SecureNAT 機能
 

5.3.7 VPN Bridge における仮想レイヤ 3 スイッチ機能
 

5.3.8 VPN Bridge と VPN Server の共存

 

 

 

< 4.9 その他の機能5.1 動作環境>

PacketiX VPN 2.0 オンラインマニュアル (Web 版) バージョン 2.20.5280.01
Copyright © 2004-2007 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 www.softether.com | サポート情報 | 使用条件