トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ パケット警察 for Windows ダウンロードSelect Language:

 

「パケット警察」のダウンロード

パケット警察 for Windows をダウンロードして、お使いのコンピュータが将来、遠隔操作ウイルスによる被害に遭った場合に備え、今すぐ冤罪を防ぐための準備をすることをお奨めします。

 

ダウンロード

「パケット警察」はフリーウェアです。無償で利用可能であり、事業目的でも利用できます。
以下のリンクをクリックすると、ダウンロードが開始されます。

インストール前に、必ずよくある質問と回答 (FAQ) の注意事項をよくお読みください。

 

ビルド履歴

  • 2012/10/22 Ver 1.01 Build 8373
    ログファイルおよびログファイルディレクトリのアクセス権 (ACL) を強化し、システム権限を持つユーザーのみがログファイルの消去・改変を可能としました。
  • 2012/10/21 Ver 1.00 Build 8369
    初期リリースです。

 

動作環境

Windows 98, 98 SE, ME, NT 4.0, 2000, XP, Server 2003, Vista, Server 2008, 7, Server 2008 R2, 8, Server 2012 (32 bit / 64 bit 両方) で動作します。ただし、UAC (ユーザーアカウント制御) による強力な保護は Windows Vista 以降でのみ利用可能です。インストーラは Windows Installer によって構成されています。Windows Installer がインストールされていない古いパソコンの場合は、自動的に Windows Installer がインストールされます。

 

このファイルがソフトイーサ社によって発行されていることの確認方法

「パケット警察」のようなソフトウェアはシステムソフトウェアとして動作します。発行者が確認できないシステムソフトウェアをインストールすることは大変危険です。

以下の方法でダウンロードしたファイルが本当にソフトイーサ株式会社によって発行されたものであるか確認してください。

「パケット警察」の実行可能ファイル (EXE ファイル) はすべて Authenticode によってデジタル署名されています。デジタル署名はベリサイン社が発行したソフトイーサ社専用の 2048 bit 証明書で署名されており、シマンテック社による副署名がされています。

Windows Vista, 7, 8 では署名された実行可能ファイルを起動しようとすると、以下のような UAC (ユーザーアカウント制御) の画面が表示されます。

ここで「確認済みの発行元」の欄に「SoftEther Corporation」または「SoftEther K.K.」と表示されていれば、そのファイルは確かにソフトイーサ株式会社のデジタル証明書で署名されていることが確認でき、第三者によって改ざんされていないことが分かります。

また、Windows XP や Windows 2000 等の従来のバージョンの Windows でも EXE ファイルのプロパティを表示することにより以下のような「デジタル署名」の検証画面を表示できます。

 

上記のような正当なデジタル署名がされていないソフトウェアは、コンピュータに絶対にインストールしないでください。「パケット警察」の名称のソフトウェアが他所で配布されている場合でも、そのファイルにソフトイーサ株式会社のデジタル署名が確認できない場合は絶対にインストールしないでください。

 

インストール方法

インストーラに従って簡単にインストールできます。

 

アンインストール方法

コントロールパネルからアンインストールしてください。または、もう一度インストーラを起動してもアンインストールを実行することができます。

 

 

 

International Web Site:  現在 日本語 (Japanese) で表示中 | English | 中文
Copyright © 2004-2016 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther プロジェクト | 産学連携研究会 | お問い合わせ

HTTP 通信中