トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 報道発表資料一覧 組織内で運用・管理が可能なPacketiX Desktop VPN Business」のベータ 3 を公開Select Language:

 

2009 年 03 月 06 日 (金)

ソフトイーサ株式会社 (茨城県つくば市)
代表取締役 会長 登 大遊


組織内で運用・管理が可能な

「PacketiX Desktop VPN Business」のベータ 3 を公開


 

 筑波大学発ベンチャー企業である ソフトイーサ株式会社 (代表取締役会長 登 大遊 / 本店所在地 茨城県つくば市) は、 本日、研究開発中の「PacketiX Desktop VPN Business」(パケティックス デスクトップ VPN ビジネス、 以下 「Desktop VPN Business」といいます) の「ベータ 3」を公開いたしましたので、 お知らせいたします。

 
追加された新機能

 Desktop VPN Business ベータ 3 では、管理のための機能や、さらに利便性を高める機能が追加されました。

  • ダイレクトブロードキャストを使用した Wake on LAN
      これまで、同一の LAN 内でしか、Wake on LAN 機能は使用できませんでした。しかし、ダイレクトブロードキャストに対応したルーターを使用すれば、ルーター越しに Wake on LAN の機能の使用が可能となります。
  • 接続数の上限を設定可能に
      これまでは、Desktop VPN Business サーバーが、システムモードでインストールされ、ターミナルサービスが動作している場合、複数の Desktop VPN Business クライアントから接続することが可能でした。これを改良し、管理者がDesktop VPN Business ゲートから、接続数の上限を設定できるようになりました。
  • Web 設定ツールの改善
      これまで、Web 設定ツールで、大半の設定項目や表示項目は、単一のページに表示されていました。しかし、サーバーの数が増えるにつれて、ブラウザの表示内容をスクロールしなければならず、閲覧性が悪く不便でした。これを解決するために、設定や表示項目を分けて、複数のページに表示するように改善しました。 
  • Desktop VPN Business ゲートによる共有の強制オフ機能
     Desktop VPN Business ゲートに、ドライブ共有などの共有を強制的にオフにする機能を追加しました。
Linux に対応

Desktop VPN Business ゲートは、Linux (x86 アーキテクチャのみ) に対応いたしました。

お知らせ - ベータ 3 の使用期限に関しまして
Desktop VPN Business ゲート ベータ 3 は、2009 年 5 月 31 日まで使用することができます。
今後の予定
  • ブランド化開発ツールキット
      SIer 様向け、管理者・運用者向けに、社内や部署毎にカスタマイズしての利用を可能とするための機能として、ソフトウェアの画像などのリソースが変更可能な「ブランド化開発ツールキット」のご提供を開発を予定しております。
        この「ブランド化開発ツールキット」を利用してカスタマイズを行なうと、納入先の企業様、もしくは部署毎に Desktop VPN Business の UI を変更してオリジナルの画像、文字要素、メッセージ等を表示することが可能となります。
より詳細な情報

「Desktop VPN Business」に関する、より詳細な情報の参照および各種ファイルのダウンロードは、以下の URL からアクセスできます。


本件に関するお問い合わせ先
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目8番地8 つくばシティアビル
ソフトイーサ株式会社 戦略推進室 広報担当 原 哲哉
電子メール : press-infosoftether.co.jp

Copyright © 2004-2017 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

HTTP 通信中