トップ 製品・サービス 導入事例 パートナー ダウンロード サポート 報道発表 企業情報 お問い合わせ
トップページ 報道発表資料一覧 PacketiX VPN 2.0 の Windows Vista への対応完了、無償アップデートを公開Select Language:

 

2006 年 12 月 1 日 (金)

ソフトイーサ株式会社 (茨城県つくば市)
代表取締役 会長 登 大遊


PacketiX VPN 2.0 の Windows Vista への対応完了、
無償アップデートを公開


 

 筑波大学発ベンチャー企業である ソフトイーサ株式会社 (代表取締役会長 登 大遊 / 本店所在地 茨城県つくば市) は、VPN ソフトウェア「PacketiX VPN 2.0」を Microsoft 社の新しいオペレーティングシステムである Windows Vista (TM) に対応させるための開発作業を行ってきましたが、本日、対応が完了いたしましたのでお知らせいたします。

  また、同時に Windows Vista への対応が完了した PacketiX VPN 2.0 の新しいビルドである Build 5280 をダウンロード可能とし、PacketiX VPN 2.0 のすべてのユーザー (体験版ユーザー、SOHO Edition / HOME Edition ユーザー等も含む) の皆様に対して、無償で Windows Vista 対応アップデートの提供を開始いたしました。

 

 当初の予定では、PacketiX VPN 2.0 ソフトウェアの Windows Vista 対応は 2007年1月末の Windows Vista 製品パッケージの発売までに行う予定でした。しかしながら、Windows Vista は 2006 年 11 月末頃より一部の企業や開発者の間で使用され始めており、これらのお客様が PacketiX VPN 2.0 を Windows Vista 上でいち早く利用することができるようにするため、対応作業を早め、本日の対応完了を実現いたしました。

 

 この度の対応完了により、PacketiX VPN 2.0 ソフトウェアは Works with Windows Vista (TM) ロゴを取得いたしました。ソフトイーサ株式会社は、PacketiX VPN 2.0 が Windows Vista 上で動作することが保証されていることを、2007年1月末の Windows Vista 製品パッケージの発売に向け、今後引き続き広報していく予定です。

Works with Windows Vista (TM) ロゴ

 

対応情報サイトの開設について

 PacketiX VPN 2.0 の Windows Vista 対応につきましては、このニュースリリースのほか、より詳しく以下の URL でアクセスできる「PacketiX VPN 2.0 の Windows Vista 対応情報」に記載されております。

対応エディションについて

 今回の対応完了により、PacketiX VPN 2.0 は新たに以下の Windows Vista オペレーティングシステム上で動作可能となりました。

  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Ultimate

対応 CPU について

 Windows Vista の一部のエディションには x64 版も提供されております。PacketiX VPN 2.0 は Windows Vista の x86 版でも x64 版でもすべての機能が同等に動作します。

今回の対応における特徴について

 Windows Vista は従来の Windows 2000 や Windows XP、Windows Server 2003 などと比較して、大規模なセキュリティ上の変更が加えられています。従来のセキュリティソフトウェア (VPN ソフトウェアを含む) の多くが Windows Vista 上で正常に動作せず、対応作業にも時間がかかる見込みであるといったニュース記事等が報道されています。

 ソフトイーサ株式会社は、Windows Vista に搭載されている、「ユーザーアカウント制御 (UAC) の搭載」、「Session 0 の分離」、「Internet Explorer 上での ActiveX のインストールに関する権限の昇格機能の搭載」、「新しい Aero デスクトップ」、「Gratuitous ARP パケットに関する取り扱いの変更」、「TCP/IP プロトコルスタックの仕様および挙動の変更」、「ネットワークアダプタ管理システムの動作の変更」などの大規模で重要な変更点について分析し、新たに Windows Vista に対応させるためのプログラムコードを開発・追加することにより、PacketiX VPN 2.0 をいち早く Windows Vista に対応させることに成功しました。

将来的に問題が発生した場合の対応予定について

 将来的に、Windows Vista に加えられた変更点または機能拡張が原因で PacketiX VPN 2.0 ソフトウェアの一部の機能の使用に制限が発生した場合は、迅速に PacketiX VPN 2.0 のソフトウェア側の対応作業を行い、そのアップデートを今回の Windows Vista 対応アップデートの公開と同様に公開するよう努める予定です。

 


参考資料: スクリーンショット

Windows Vista に対応した PacketiX VPN Client 2.0
(クリックすると拡大します)

 

仮想 LAN カードは、Windows Vista の新しいセキュリティ機能
「ユーザーアカウント制御 (UAC)」に対応しました。
また、Windows Vista x64 版で必須となったカーネルモード
デバイスドライバへのデジタル署名にも対応しました。
(クリックすると拡大します)

 

VPN Client の仮想 LAN カードは
Windows Vista においても従来の Windows XP 等と
同様に使用することができます。
(クリックすると拡大します)

 

Windows Vista では標準状態で IPv4 スタックと IPv6 スタック
が組み込まれています。PacketiX VPN Client 2.0 の仮想 LAN
カード上で IPv6 スタックを使用することも可能です。
(クリックすると拡大します)

 

PacketiX VPN Client 2.0 と同様、PacketiX VPN Server 2.0
および PacketiX VPN Bridge 2.0 も Windows Vista 上で
すべての機能をご利用いただけます。
(クリックすると拡大します)

※ いくつかのスクリーンショットは開発中の画面が含まれる場合があります。

 

Windows Vista and the Windows logo are trademarks or registered trademarks of Microsoft Corporation in the United States and/or other countries.


本件に関するお問い合わせ先
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2丁目8番地8 つくばシティアビル
ソフトイーサ株式会社 戦略推進室 広報担当 原 哲哉
電子メール : press-infosoftether.co.jp

 

Copyright © 2004-2017 SoftEther Corporation. All Rights Reserved.
 Web サイトについて | 個人情報の管理 | SoftEther VPN プロジェクト | お問い合わせ

HTTP 通信中